中古車まめ知識

中古車まめ知識 : トップページ

中古車まめ知識へようこそ

「中古車って何!?」「自動車保険って何!?」「合宿免許予約って何!?」とお思いの方は、ぜひ当サイトをご覧下さい!! 当サイトでは、中古車に関する情報や、自動車保険についての情報などをお届けしています。
でも詳しい情報があります。

中古車とは

クルマを購入しようと思ったときに、よく聞く言葉に「新車」「新古車」「中古車」がありますよね。その中でもよく聞くのが中古車ではありませんか? 中古車とは、すでに各車のメーカーによってナンバー登録が行われている車のことを言います。つまり、一度は誰かに購入され、使用されていたクルマということになります。新車として使用され、その後にそのクルマが再度売りに出され、他の人がそのクルマを再購入できるのが中古車です。

新古車も同じように一度購入され、ナンバー登録を行っているもののことを呼びます。でも、中古車のように利用されていたわけではありません。名前に「新」がついていることからもわかるように、全く使用されていない新車同然の中古車ということになります。ポルシェなどに代表される高級車の中古であれば、やはり新古車が望ましいでしょう。なぜなら新車とほとんど変わらないにも関わらず、値段については全然違うのですから、自分が欲しい車が新古車として売っていた場合、それを購入するのをオススメします。

日本では、新車を購入する人のほとんどが約6年〜10年ほどで新しいクルマに乗り換えてしまうと言われています。その後新車だったクルマは、ほとんどが整備されて、中古車として売り出されます。そして、車業界専用の自動車オークションにて各中古車店へと売買され、また新しい利用者を捜していきます。

中古車の流れ

中古車は、まずクルマを売る人がいます。そして、その買い手となるのが、新車ディーラーや中古車販売店、そして買取専門店などのお店です。そこで買取された車は、車業界専用の自動車オークションに出品され、各中古車販売店へと売却されていきます。これが一般的な中古車の流れです。

中には、直接お客さんからクルマを買い、販売店や専門店、自動車オークションなどを通さずに車を販売している中古車業者もあるようです。それだと、余分な手間がかからずに直接、お客からお客へまでの過程をひとつの業者だけで行ってくれるので、余分な金額もでずに、おトクに中古車を購入できますよね。

クルマでエコ

今、廃車が環境問題のひとつになっているのをご存じですか?廃車とは、クルマのナンバー登録が抹消され、所有者のないクルマとなった車両のことをいいます。その廃車が、環境問題と関連し、使えるものはリサイクルをしよう!という活動が行われています。

『自動車のリサイクル法』という言葉を聞いたことがありますか?これは2005年より施行されている法律です。今、クルマを購入すると必ずリサイクル料金というものを支払わなければなりません。そのリサイクル料金は各クルマによって値段が決められています。必ずクルマを所有する人はこのリサイクル料金を1回支払わなければなりません。リサイクル料金の額は、そのときの車両価値によって変わってきますが、所有者が変わるたびにリサイクル券も一緒に引き渡されます。リサイクル料金は、シュレッダーダスト、エアバック類、フロン類のリサイクルや破壊に使われるとされています。廃車処理業者によっては使えるパーツをリサイクルしているんですよ。

このリサイクル法は、廃車の不法投棄やゴミ、環境問題を改善していくことをねらいとしています。クルマを購入し、所有するのであれば、このこともしっかりと知っておく必要がありますよね。環境にも優しいクルマ生活を心がけましょう!!

合宿免許の情報サイト

合宿免許で免許を取るなら早期申し込みがオススメです。

合宿免許にお得なプランでお申し込み。